Ubuntu18.04においてcclsをインストールする

C/C++/Objective-Cの言語サーバであるcclsのUbuntu18.04へのインストール方法です。

簡単で嬉しい!

$ git clone --depth=1 --recursive https://github.com/MaskRay/ccls
$ cd ccls
$ wget -c http://releases.llvm.org/8.0.0/clang+llvm-8.0.0-x86_64-linux-gnu-ubuntu-18.04.tar.xz
$ tar xf clang+llvm-8.0.0-x86_64-linux-gnu-ubuntu-18.04.tar.xz
$ cmake -H. \
        -BRelease \
        -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release \
        -DCMAKE_PREFIX_PATH=$PWD/clang+llvm-8.0.0-x86_64-linux-gnu-ubuntu-18.04
$ sudo cmake --build Release --target install

ダウンロードした LLVM/Clang のビルド済みのバイナリは ccls をインストールした後も削除しないように注意してください。これについては、そもそも上記の一連のコマンドを /usr/src 下で実行すれば良いと考えられます。

参考

  1. Build · MaskRay/ccls Wiki · GitHub

Ubuntu18.04においてcclsをインストールする」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です